5月の絵本-司書編(mandai)

今月は優しい絵本のラインナップです**

☆季節のえほん『野の花*えほん』

作:前田まゆみ 出版社:あすなろ書房

野の花のイラストがとっても可愛いんです!

☆年少さんへのオススメ『おはいんなさい!』

作:さいとうしのぶ 出版社:童心社

スプーンさんとフォークさんが縄跳びを

まわしています。

誰かさんが飛んだら何かに変身する

とっても不思議な縄跳び!

遊びに来たのは、、、

ごはんさん、うめぼしさん、のりさん。

さあ一体何に変身するのでしょうか??

子どもたちといっしょに楽しめる

楽しい紙芝居になっていますよ!

☆年中さんへのオススメ『ぴょんぴょんぱんのかばんです』

作:香山美子 絵:柿本幸造 出版社:新日本出版社

秋の絵本の名作「どうぞのいす」と

同じ著者が描いた絵本です。

こちらは春の野原が舞台。

うさぎさんが作ったかばんは、

しっぽのデザインがついた可愛いポシェット。

そのかばんをつけると、嬉しくて

「ぴょんぴょんぱん」と、

とんでみたくなります♪

出会う動物たちはみんなそれをほしがり、

作ってあげることにしました。

ある日、ぞうさんもそれをほしがり、

動物たちが集めてきてくれた

いろんな形のいろんな色のいろんな模様のきれで

大きな大きなかばんを作りました。

ところがぞうさんはというと?!

園のお部屋には、子どもたちが作ったもの、

先生が作ったもの、

色とりどりの作ったものが展示してあり、

また季節を感じることができ、

見ていてとても楽しいです。

作ることが大好き!そんな子どもたちに

オススメです♪

☆年長さんへのオススメ『ほんのにわ』

作:みやざきひろかず 出版社:偕成社

主人公は、庭を創っている庭師です。

ある日、父さんが残してくれた

庭の本を見ていると

「ほんのにわ」と書いてある

不思議な庭を見つけました。

「ほんのにわ」について深々と考え過ごす庭師。

「ほんのにわ」とは一体何でしょうか?

優しいぽってりしたおひげのおじさんの庭師で、

とても優しい絵本です。

庭師はいつも「考えて創る」をしています。

ブロックも絵も粘土も料理もそして庭も、

「考えて創る」ですね。

考えて創っている子どもたちの真剣な眼差しが

毎日とても格好いいです。