11月の絵本-司書編-

*季節のオススメえほん*

七五三だよ一・二・三 
作:長野ヒデ子
 出版社:佼成出版社 

*年少さんへのオススメ*

おなかがへった 
作:マメイケダ 
出版社:WAVE出版

ごはんにのせた目玉焼きがトロ~リ美味しそう!

家族が食べる朝ごはんの絵からはじまり、

家族がそれぞれ食べるごはんや軽食が

ピックアップされています。

「いただきます」からはじまる

満たされていく満腹感。

「いただきます」からはじまる

家族の時間。

「いただきます」からはじまる

美味しい時間を大切にしていきたいですね。

*年中さんへのオススメ*

ボタン 
作:森絵都 
絵:スギヤマカナヨ 
出版社:偕成社

ある日、女の子はクローゼットの中にある

お菓子の缶に入ったボタン箱を見つけました。

それはまるで宝石箱のよう。

ワクワクドキドキしながらボタンを手にとり、

どんな洋服についていたのかを想像していきます。

*年長さんへのオススメ*

街どろぼう 
作:junaida 
出版社:福音館書店

大人の手よりひとまわり

大きいぐらいの絵本です。

大きな山のてっぺんに住む巨人は、

ひとり寂しく暮らしていたので、

街の家を山のてっぺんに運ぶことにしました。

運ぶときが夜なので、月明りに光る青い家

ばかりですが、太陽が出ているときは、

茶色やオレンジの家が建ち並んでいたりと、

家の形や色をひとつずつ見ていくと、

この本の楽しみ方が見えてきます。

園には、同じ作者のこちらの絵本もあります!

巧みに描かれた絵に子どもたちも

楽しそうに見ていますよ。