6月の絵本-司書編(mandai)-

*季節のえほん*

あめあめぱらん  
文:木坂涼 
絵:松成真理子

*今月のずかん*

ずかん・じどうしゃ  
作:山本忠敬  
出版社:福音館書店

もも組さんや年少さんの

こどもたちも徐々に

園の生活にも慣れ、

自分で本を読むことも

できてきました。

大きく細やかな

じどうしゃを見ているだけで

とても楽しそうです。

初めての図鑑をと

選ぶ際にもオススメです!

*今月の食ほん*

ウメの絵本  
作:よしだまさお 
絵:みずかみみのり
  出版社:農山漁村文化協会

6月の食といえば、

ズバリ「うめ」です。

梅干し、梅ジュース、梅ジャムなどなど

様々なものができます。

スーパーでも売られていますが、

雨風に強い木なので、

以前はお庭でもよく植えられて

いたそうです。

梅干しは日本発祥のもので、

大切な保存食です。

殺菌効果もあるので、

お弁当にもかかせません。

そんな身近なうめを

知るきっかけになればと思います。

*今月のむかしばなし*

淡い色ながらも

強く凛々しいこの

「ももたろう」

は、1965年に発行されました。

古い絵本だからといって、

古難しい言葉では

書かれていません。

とてもシンプルな言葉で、

絵を見なくても

言葉だけで十分、

想像力をふくらませることが

できます。